鞍馬山月曜日に楽しみにしていた鞍馬山に行ってきました。
前回と違いお天気も良く連休の期間だからでしょうか、境内はお弁当を広げている方も多くにぎわっていました。

本殿金堂の地下では落ち着いた心持でとても良い時間を過ごすことが出来ました。

それから貴船神社へ抜けて2度目の鞍馬山は終わりました。
叡山電鉄の二の瀬駅から鞍馬駅にかけての車窓からの景色が別世界に行く感じがとても好きです。

鞍馬山の帰りに京都駅前で働いている知人とスタバのテラス席で茶話している時に、心地よい風が吹いてきて気持ちよかったです。

清水寺ここ数日の離れたところに住む友人たちとの電話での会話をメモ的にエントリー

誤解・・・・されていると思っても自分と相手との関係においては、相手は最も適切な認識を選択した幸せな状態にあるので、そのままにしておいて問題はありません。

誤解を解こうとする行為も必要かもしれませんが、自然に解けた時の自分の経験を思い出したり、相手の気持ちを思うと、やさしい気持ちになりませんか。


なぜ・・・・・とワケは 「考えない」 「聞かない」 答えはあとでわかるから。


まず自分に・・・・
人にやさしくありたいなら、まず自分にやさしくすることです。


期待しない・・・・
自分がその結果について出来る事をすればするほど、期待する気持ちは薄れ、その結果がどうであれ、ありのままに受取れるようになります。
人間関係においては、残念ながら出来ることは少なくて、理解しているつもりでも多くの場合は期待してしまいますね。
・・・・・希望は時として必要です。


静かに・・・・していましょう。わずかな時間だとしても、とても大切なことです。

このアーカイブについて

このページには、2008年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年3月です。

次のアーカイブは2008年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。