娘のベッドには、

引き寄せってどうよ?左の写真は小学4年になる娘のベッドに貼り付けられている 「オマジナイ」 です。

このメッセージを見て 「期限を入れた方が良いよ」 「お願いでなくて手に入った事を前提に・・・」 「写真も・・・」 など思われるかもしれませんが、娘はこの 「オマジナイ」 で家族でディズニーランド、一輪車、電子ピアノ、DSなどを手にしています。

これまでは、なんとなくお願いしていたが、今回はサンタクロースにお願いしているのは娘なりにハードルの高さを感じているのではないだろうか。大いなる存在は今の娘にとってはサンタという事になるようだ。

親戚からいただいたり、貯金に上乗せしてなど欲しいものを手にする方法は様々ですが、私からみてストレスなく手にしていると思う。

娘に 「紙に書いて貼っておくと、その通りになるよ。」 と教えたのは私ですが、疑うことなく、質問することなく、実行して、しかもカードに色を付けたり、張る場所を時々変えたりして、自分の発想で楽しんで継続しているのは娘だ。

ただ、その日が来るのを信じて楽しみにしています。



いつから、手に入らない理由を考えたり、本を何冊も読んだり、セミナーに参加しないと、欲しいものが手に入らないと勘違いするようになるのですかね?

このブログ記事について

このページは、Lightworkerが2008年7月 8日 20:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ありがたい一日。」です。

次のブログ記事は「理屈と屁理屈」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。