年末恒例です。 年末恒例の穴八幡宮にお参り。その帰り道にあるミシュランガイド東京に掲載されたとかで気になっていた「らぁ麺 やまぐち」の鶏そば。美味しくいただきました。



パンフとカードいただきました 先日、長女と一緒に最高裁判所を見学してきました。

南門に集合し広報を担当されている方の指示に従い館内に入り、まずロッカーに持ち物を全てを預けます。

そしてゲート型の金属探知機を通り、大ホールや大法廷を丁寧に案内していただきました。

貴重な経験となりました。写真はお土産にいただいたパンフと館内の様子などが印刷されたカードです。

嵐山の竹林 先日、大阪のでの仕事の帰りに嵐山に寄り道して帰りました。

お天気にも恵まれ、気持ちの良い時間を過ごせました。

箱根神社は、これでしょw 一昨日、都内に行く機会に恵まれたこともあり初めて箱根神社に行ってきました。

暑苦しい関東が2日間めずらしく、涼しい風が吹いていた日の初日で助かりました。

私のお気入りの場所は本殿右側にある 安産杉 でした。

いただいたメッセージは あとで分かるよ でした。結構、近いうちに知ることになりそうで楽しみです。
君は月を見たかい?久しぶりに奥新川に次男と行ってきました。

仙台でもまだ、暑さが続いていて、水流に足をつけていると気持ちよく、次男も機嫌よく遊んでいます。

私にはこんな時間が、ときどき必要なんだなと実感します。
かなりあせりました!!昨日は連休恒例の泉ケ岳に登山に行ってきました。
今回は子供たちが一緒ではないので急坂が続く表コースを登りました。

途中から残雪というより積雪といった感じの雪道になり、先に登った人達の足跡を頼りに登りましたが、時々ひざの上ぐらいまで雪にはまったり、何度か両手を使って登る事もあり、この時期に泉ケ岳でこんな経験をするとは思ってもいませんでした。

頂上に着いてお昼を食べて下山しました。下山を始めて20分くらい経った時に、何処にも足跡が無い事に気づきました。周りを見渡してもありません。もともと、登る人が少ないコースなので人も見当たりませんでした。

時計を見ると13時30分でまだ余裕があります。10分だけ横に歩いて足跡が見つからなければ一旦、頂上に登る事にしましが、10分歩いてもみつかりませんでした。

雪も足に埋まり、ちょっとした恐怖を感じていました。遥か彼方にちょっとだけ見える山道には小さな車が走っています。こんな所で雪に埋まっている自分が哀しくなりました。その時に頂上側に向かって撮ったのが上の写真です。

なんとか雪の中を時には這うようにして頂上まで登りましたが、私が想像していた到着場所とはまったく違っていて自分の感覚との違いに驚きです。
頂上では、何事もなかったように家族連れが写真を撮ったり楽しげに過ごしていて、私の顔は、かなりこわばっていたと思います。下山を始めて頂上に戻るまで約1時間ちょっとの出来事でした。

もう一度、同じコースを下山したい気持ちもありましたが、時間も無いのでいつも通るコースを下山しましたが、夏の頃にもう一度、表コースに挑戦したいと思います。
日の当たる斜面にあるコースは普段よりは雪が多く残っていましたが、ほとんど乾いていました。

また、ひとつ貴重な経験をさせていただきました。
雪渓昨日、山形と秋田に跨る鳥海山に長男と次男とで登ってきました。

登り始める時間が遅めなので、時間と相談して行ける所まで行く予定にして、車で3時間くらいで湯ノ台口コースの駐車場に着きました。

長男は登山に向いているのか自分のペースで気が付くと先に行ってます。
小2の次男には厳しい箇所もありましたが、全身を使って登る姿にちょっと感動しました。
川の始まりです。天気にも恵まれ3時間登ったところでお昼にしました。
お昼の後に雪渓のある所まで登り、雪が溶け出して川の始まりになっているのを見て、当たり前の自然の営みのことではありますが、自分勝手にいろいろ想いをめぐらせてしまいます。

今回はここで、下山しました。次回の登山では頂上からの景色を見たいですね。

登山は良いね!天気も最高w!岩手県滝沢村にある岩手山に登ってきました。

朝4時半に出発して車で2時間半くらいで岩手山の馬返しコースの駐車場に着きます。

前回は小学生だった長男と二人でしたが、今日は一人です。
天気も良く4時間半で頂上に着きました。

いろいろ余計な事を考えたり、瞑想みたいになったり、一人の登山を楽しみました。
登っている最中に、いろいろ気づきがあって、いざPCに向かって書いておこうと思ったら、すべて忘れてしまってました。
また、頭の中にいっぱい、余計なものが詰まったら登山に行こう。

登山は良いね長男、次男と泉ヶ岳登山に行ってきました。

長男と登山に行くのは久しぶりで、先を歩く雰囲気が成長してる事を感じさせてくれました。

言葉や文字から学ぶ事も多いですが、何気ないことから知る事って意識せずに、深い部分までに行き渡るような、潔い理解というか、そんな感じがして好きなのです。
登山の帰りは、恒例のミニストップのソフトクリームです。泉ヶ岳登山の約束事になっていて、下山した後に食べると特別美味しいのです。


清水寺清水寺の本堂にて・・・。
奥の院前以前から気になっていた高野山にちょっと早起きして行ってきました。
天気予報は雨でしたが、高野山では降られず助かりましたが曇り空で高野山に着いた時にはかなり寒くてちょっとまずいかなと思ったり。

奥の院の入り口までバスで移動して、奥の院から金剛峯寺と歩き壇上伽藍の金堂で、ひとりになる時間もあり良い経験をさせていただきました。
法隆寺夢殿に安置されている救世観音像の公開が5月18日までと知り法隆寺と中宮寺に行ってきました。

お目当ての救世観音も素晴らしいものでしたが、百済観音の存在に圧倒され中宮寺の弥勒菩薩半跏像はとても仏像とは思えない優美な佇まいでした。

西院伽藍の回廊で歩きながらの考え事にすっかりはまってしまい何度も廻ってしまいました。


いつも考え事では会話とか言葉を感じるのですが 「自分はうまく生きているのか」 という問いが頭から離れず、答えを探しそうになりましたが、問いを感じたということは、答えが用意されたのだと思い、その答えを実感する日を楽しみにすることにしました。

鎮国寺博多での仕事に合わせて宗像大社と鎮国寺に行ってきました。
博多からJRで30分、そこからバスで10分くらいで宗像大社です。

宗像大社から鎮国寺までは徒歩で15分くらいで田園風景が広がる良い所で天気も風も心地よく、週末にとても大切な事を教えていただいた事もあり、とても満たされた気持ちでした。

宗像大社の第二宮・第三宮、高宮祭場や鎮国寺の五仏堂、奥の院も印象的でしたが、博多に来ることになった方々とのご縁、ここを薦めてくれた神戸の知人とのご縁、ご縁はとても有り難いものですね。

個人的メモ・・・・何を知っているかが大切
鞍馬山月曜日に楽しみにしていた鞍馬山に行ってきました。
前回と違いお天気も良く連休の期間だからでしょうか、境内はお弁当を広げている方も多くにぎわっていました。

本殿金堂の地下では落ち着いた心持でとても良い時間を過ごすことが出来ました。

それから貴船神社へ抜けて2度目の鞍馬山は終わりました。
叡山電鉄の二の瀬駅から鞍馬駅にかけての車窓からの景色が別世界に行く感じがとても好きです。

鞍馬山の帰りに京都駅前で働いている知人とスタバのテラス席で茶話している時に、心地よい風が吹いてきて気持ちよかったです。

そのままの自分でOK博多での仕事に合わせて博多から特急ソニックで2時間ほどのところにある宇佐神宮(大分県宇佐市)に行ってきました。
平日ということもあり境内は貸切で落ち着いた時間を過ごすことができました。
個人的に気になったのは祓所と御霊水のところです。

次回は奥宮がある御許山に行ってみたいですね。

ところで博多の週末にてはじめてホットヨガとアシュタンガヨガを体験しました。
ホットヨガではこんなに汗を掻いたのは人生のなかで初めての経験で、しかも苦しさのあまり呼吸が浅くなってしまい、ちょっとした酸欠状態になってしまいました。
その事を友人に話したところ「抵抗すると苦しくなのるので手放すと苦しさから開放されるよ。」と、アドバイスされ翌日、苦しくなった時にどうにでもなれと思ったら、自分の気持ちと身体を成り行きに任せる開放感を感じて、その後カラダはきついのですが苦しむことなく続けることができました。
アシュタンガヨガでは概念からはじまり呼吸法から基本的なポーズを教えていただいたのですが、これがまた良い感じです。
ホットヨガとアシュタンガヨガはこれからも続けていこうと思います。

個人的メモ
何が正義かあえて言わなければならないとするならば、今、目の前で起きてることがそうなんだろうね。

自分をみとめられたら結構スムーズ紅葉の雨の中、京都 叡山電鉄 鞍馬駅から由岐神社、本殿金堂、奥の院、貴船神社、奥宮そして貴船口駅までの約12キロを歩きました。
個人的に気になったのは本殿金堂の前にある蓋石と貴船神社 奥宮の横を流れる河原のところです。

帰りの電車では虹が出ていて虹のアーチをくぐるように電車が走りとても感動的でした。

大阪での週末は友人にお話したつもりのアドバイスが、実は自分に向けての言葉である事を経験として理解することができました。
ご縁あるみなさんとの日常の会話から、また一つ氣づきをいただきました。ありがたいですね。

個人的メモ:松が松であるためには、竹が竹でなければならない。

これがそれみたい。早朝に大阪のホテルを出発し近鉄 吉野特急に乗り奈良交通バス「中庵住行」に乗って更に1時間ほど山奥に進むと奈良県天川村に天河神社はありました。
個人的に気になったのは本殿に行く途中にある左わきの大きな岩でした。

バスに乗って、しばらくして気がついたのですがバス停が個人宅の前にあることが多く、バス停の名前がそのお宅の名前になっているのです。なんか素敵。

これがそれみたい。これまでご縁がありませんでしたが、大阪での仕事にあわせて伊勢神宮に行って来ました。

早朝、大阪のホテルを出発し近鉄阪伊甲特急に乗り、外宮から内宮そして猿田彦神社と駆け足の行程でしたが、伊勢神宮を囲む紅葉を楽しむことが出来て良い一日でした。

外宮は平日とはいえ人が少なく、とても静かにお参りすることができました。

内宮は外宮の静かさとは違い、かなりの賑わいで羽織・袴姿やきもの姿の方が多く、お伊勢参りに対する特別な気持ちを感じずにはいられませんでした。
個人的に気になったところは内宮の正宮の前と御敷地です。

お昼はおかげ横丁にて閉店している赤福本店の前で写真撮影している人たちを眺めながら伊勢うどんをいただきました。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち行ってきましたカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは点描画 「宇宙の表れ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。